英会話スクールを選ぶ際に事前に考えるべきこと

長く続けられる英会話スクールの楽しみ

それぞれの利点

英会話スクールの選び方

日本人にとって英語の習得は大きな壁になっています。諸外国の英語力と比較して日本人の英語レベルの低さが指摘されるたびに悲しくなります。 何年間も学校で勉強しているのに、なぜ英語が話せないのでしょうか。やはり学校で行われる英語教育に問題があると指摘せざるを得ません。 しかし、現実は厳しく、海外旅行に行くと日本語は通用しません。最低限、英語で意思を伝えたり相手の話すことを理解する必要があります。ビジネスで英語が必要になることもあります。 そうなると、英会話学校で実際に使える英語を学ぶしかありません。幸い、多くの英会話学校が様々なコースを設定し、それぞれのニーズに合った授業を提供しています。 選び方のポイントは、自分に合ったコースを選択することです。マンツーマンを選ぶかグループ制がいいか、授業時間は固定制か自由制か。講師は担任制かランダムでいいのか、などの組み合わせがあります。

上述した英会話学校の各コースには、それぞれの利点があります。マンツーマン方式は上達が早いが料金が高めです。グループ制はその逆です。固定制か自由制かについても同様ですが、最近は自由制が主流になりつつあります。 英会話学校によって、これらの制度とコースの作り方に若干の違いがあります。また英会話を学ぶための料金も異なります。 前述したように、どのようなコースを選ぶかで料金は大きく異なります。 例えばマンツーマン方式で、週二回、一年間通学するコースを選択した場合、レッスン単価の安いところは3000円程度、高いところで9000円前後です。一単位は40分から60分です。年間のトータル費用は30万円代から90万円代と英会話スクールによって大きく変わります。 ただし、料金だけで授業内容の良し悪しは決められません。体験スクールなどにチャレンジしながら、自分に最も合った英会話学校を選ぶことが大切です。